弁護士になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!米国一流法科大学院(T14)の合格&進学を目指し、最終目標である弁護士としてアメリカ国防総省で働くまでの日々や思考を綴ったブログ。

アメリカロースクールに再挑戦への決意。

実はまだ、法科大学院の結果は全て出ていないのだが、今からは就職活動に切り替えていく決心がついたので今回のブログで報告したい。去年の年末、立て続けに四つの法科大学院から不合格通知をもらった僕は年末年始ずっと凍りついていた。就職活動を全くしてこなかった(大学院進学にすべてをかけてきた)僕は冷静さを失い、周章狼狽になっていた。

 

そして、今年に入ってからも立て続けにロースクールから不合格通知を受け取った僕は、素直に努力不足だった事と、LSATに対する準備不足の二点が今回の敗北の原因だと考えている。

 

卒業まであとわずかだが、アメリカ国防総省の中でパラリーガルの仕事に就けるように最善を尽くしたい。今年の5月にバークレーを卒業してパラリーガルの仕事が落ち着いたら、もう一度LSATとの格闘に挑みたいと思っている。あの暗黒であったLSATとの格闘の日々、教授達に推薦状を書いてもらうため、お願いしに駆け回った日々、Personal StatementやDiversity Stamentを推敲すること数え切れず、そして何より元やんちゃ坊主の大バカ者が此処まで決して諦めることなく、妥協することなく来たのだ。諦める理由など何もない。もう一度、アメリカ法科大学院への出願に挑戦し、今度こそは最高の結果を出せるように、一意専心していきたい。

 

最後に安藤百福氏の名言と僕の尊敬する先輩がくれたメールを紹介して今回のブログは終わりにしたい。

 

「人生に遅すぎることはない。チキンラーメン発明にたどりつくために、私には48年の歳月が必要だった」

出典:安藤百福:世界の食文化を変えたミスターヌードル | nippon.com

 

 

 

人生60年の時代に伊能忠敬は40過ぎてから測量を志して偉業を成し得たし、何かを始めるのに遅すぎるということはないと思うで!

 

 

f:id:hideyasukurose:20190215145548j:image