弁護士になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!米国一流法科大学院(T14)の合格&進学を目指し、最終目標である弁護士としてアメリカ国防総省で働くまでの日々や思考を綴ったブログ。

スカラーシップ(奨学金)を獲得したこと

去年の秋学期にThe Osher Re-entry Scholarshipという奨学金に申し込んでいたのだがその返事がようやく先月きた。メールを開けると”congratulations, for being selected to receive the Osher Reentry Scholarship!”と書かれており、UCバークレーに来てから初の奨学金を獲得したのである。

 

アメリカ人の学生達と争いながらのスカラーシッププログラム(奨学金)の獲得は英語が第二言語の僕にとって当然のことながら非常に難しかった。それにこの奨学金に応募するためには論文の提出と教授からとTA(Teaching Assitance)の推薦状が一枚ずつの合計二枚が必要であったため、ヒスパニック言語学の教授と社会学のTAにお願いして書いてもらった。(しっかりとお礼のメールは送った。)

 

経済的に助かったのは勿論の事、これも法科大学院出願時にアピール出来る材料の一つになるので欣幸な思いになった一日であった。

 

 


Re-Entry

 

 

f:id:hideyasukurose:20180213115237j:image