弁護士になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!米国一流法科大学院(T14)の合格&進学を目指し、最終目標である弁護士としてアメリカ国防総省で働くまでの日々や思考を綴ったブログ。

比較文学の論文について

先週提出した比較文学の論文の内容を備忘録的かつ超簡潔に述べてみたい。(つぶやき程度な感じで。)

 

鏡の国のアリス(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There)とジークムント・フロイトのUncannyを数学分析の解釈を用いてThesisを作り、文学論文を書き上げた。もう少し専門用語を使って説明すると一般位相幾何学の集合論的手法(近傍)を折衷的に叙述した。

 

トポロジーの理論を文学分析として使うことによって非常に興味深い視点でのArgumentを創り出せたのである。

 

さて、現実逃避はここまでとして、LSATとの格闘に戻りたい。

 

 

f:id:hideyasukurose:20180227082140j:imagef:id:hideyasukurose:20180227082144j:image