弁護士になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!米国一流法科大学院(T14)の合格&進学を目指し、最終目標である弁護士としてアメリカ国防総省で働くまでの日々や思考を綴ったブログ。

なぜ僕の第一志望校がシカゴ大学法科大学院なのか?

シカゴ大学(University of Chicago)と言えば経済学が最強であると思われる方が多いと思うが、まさにその通りであると僕も思う。特に「シカゴ学派」という言葉あるくらい経済学は有名であり、個人的にはシカゴ大学の経済学は、全米一ではなく世界一だと思う。その上、何といっても石油王のジョン・ロックフェラーが創設した大学だけに超潤沢な資金があるのだ。

 

僕の第一志望校について詳しく語りたいのは山々なんだが、あまり事細かく説明してるときりがないので、以下4つの引用を用いて、簡潔にまとめたい。

 

 

一つ目はシカゴ大学の経済学について。この引用では、「なぜ僕がシカゴ大学の経済学が世界一だと思うのか?」を簡単に説明している。

 

シカゴ大学はノーベル経済学賞において、圧倒的に大きなシェアを占めている。ミルトン・フリードマン、T・W・シュルツ、ジョージ・J・スティグラー、ロナルド・H・コース、ゲーリー・S・ベッカー、M.H. ミラー, R.W. フォーゲル、R.E.ルーカスは、みんなノーベル賞を受賞したときにシカゴの教授陣だった。シカゴで訓練を受けた経済学者まで含めたら、ノーベル賞受賞者のリストはハーバート・サイモン (Herbert Simon)、ジェイムズ・ブキャナン、ハリー・マーコウィッツ、マイロン・ショールズも含むことになる。

出典:シカゴ学派

 

 

二つ目はオバマ前大統領を用いて説明したい。彼の強烈なバックアップ体制の核は彼の母校コロンビア大学やハーバード大学でなく、シカゴ大学だということを物語っている。

 

 

オバマがシカゴ大学の専任講師をしており、教授陣との濃密な関係の深さから、オバマの知的な「核」がシカゴにあることを知る人は少ない。

大統領選キャンペーンは「ハーヴァード・ローレビューのオバマ」というイメージを守ることで進行した。そのためオバマのシカゴ時代が「謎めいたもの」として閉じ込められていた。しかし、一冊目の自伝『マイ・ドリーム』を執筆した場所もシカゴ大学のレイアード・ベル・ロー・クアドラングルだったし、執筆のインスピレーションもハイドパーク生活で得たものだった。事実、オバマ政治を育てた重要人物はシカゴ大学関係者だらけである。ロースクール1951年卒業のオバマの指南役アブナー・ミクバ教授を筆頭に、オバマ陣営の選挙戦略を取り仕切るチーフ・ストラテジストのデイビィッド・アクセルロードは1979年にシカゴ大学(政治学専攻)を卒業している。

のちに「反米的」と誤解をうける過激発言からスキャンダルになるも、初期のオバマに精神的影響を与え、ミシェルとの挙式も担当した恩人のジェレミー・ライト牧師も、やはりシカゴ大学神学部の1975年卒業組である。オバマ、アクセルロード、ライト牧師をつなぐ接点が「シカゴ大学」にあることは、アメリカの政治関係者の間でも地元シカゴの事情通でないと意外と知られていない。ハイドパークは他の大学町に比べても極端に小さなコミュニティであり、ここで一度でも寮生活をしたり居を構えればその連帯感はきわめて強い。

出典:アメリカNOW第25号 シカゴ大学「ハイドパーク」とオバマの関係性をめぐって

 

 

三つ目はシカゴ大学の学部について。勿論の事、シカゴ大学のアカデミックは非常に厳しく以下のような言葉が存在するくらい全米トップクラスの大学の威厳をひしひしと感じる事ができる。(UCバークレーもこの点に関しては同じであると思う。)

 

シカゴ大学のモットーは、ラテン語で"crescat scientia; vita excolatur"、「知識を創出し人類の生活を啓発せよ」です。自由でオープンな発想を奨励する研究型大学として、このモットーはぴったりな言葉といえるでしょう。しかしシカゴ大学学生の間では、そのカリキュラムの厳しさになぞらえて、「楽しさが死に変わる場所」「ダンテが書き忘れていた地獄」という冗談めいたスローガン(非公式)があります。

出典:アメリカの名門「シカゴ大学」と「臭い玉ねぎ」

 

 

そして四つ目はハーバード大学とシカゴ大学のことについて。この文章は僕が思っていたことと全く同じである。

 

Harvard is tops for leaders and prestige, but Chicago is tops for intellectuals.

Harvard University versus University of Chicago — College Confidential

 


僕なりの解釈で上記の英文を訳すと「ハーバード大学は世界のリーダーを輩出し名声を手に入れられる世界トップの大学だが、シカゴ大学は真の知識人を輩出するアメリカの頂点にいる大学である。」

 

 

f:id:hideyasukurose:20180108092136j:image

 

カリフォルニアに住んでもう14年以上になる僕にとって、アメリカの刑事司法制度と教育制度の公平性についてはとても興味深い(熟知しなくてはいけない)事であると同時に、法と経済学も非常に重要な分野であると強く認識している。特に、この「法と経済学」は知らないといけないという危機感さえ感じている。そう考えれば考えるほどシカゴ大学法科大学院(University of Chicago Law School)がベストであり、このロースクールで学びたいと切望するのである。

 

最後に、以下の動画はオバマ前大統領が以前教えていたシカゴ大学法科大学院に訪問した時に法学生と質疑応答している映像である。僕の次なる目指す場所は此処である!

 

 


President Obama at Law School: Constitutional questions facing nation