弁護士になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!米国一流法科大学院(T14)の合格&進学を目指し、最終目標である弁護士としてアメリカ国防総省で働くまでの日々や思考を綴ったブログ。

Calバスケを見に行ったこと

先週の木曜日、アメリカに来て初めてカレッジバスケットボールの試合を見に行った。UCバークレーvsポーランド州立大学の試合で会場はCalバスケのホーム、Haas Pavilionで行われた。

 

実はバークレーに来て初めてHaas Pavilionの中に入ることもあり非常に楽しみにしていた試合だった。

 

いざ蓋を開けてみれば、点数差以上にUCバークレーの完敗であった。本当に試合内容は最悪(観ていて途中で悲しくなるほど)であったが、ホリデーシーズンと言うこともあり、見に来ているお客さんもそんなに多くなかったので駐車場もすぐ見つかり、会場に入る時も全く並ぶことなく快適であった。

 

 

youtu.be

 

 

一方、冬休み中の今、ゆっくりと法科大学院のリサーチをしながら並行して新たな論文も書き始めている(既にアウトラインは終了した)。そして雨だれ石を穿つ精神のもと、Chicago Readerや、Forbes、The Daily Californian、そしてStudy Breaksなどに僕の論文や記事を(クリスマス前に)送った。法科大学院出願までいくつPublish出来るのか分からないが、決して諦めることなくどんどん挑戦していきたい。

 

Of course!! I'll carry on!! And, Happy Holidays!!

 

 

f:id:hideyasukurose:20171224103247j:imagef:id:hideyasukurose:20171224103302j:imagef:id:hideyasukurose:20171224103220j:imagef:id:hideyasukurose:20171224103324j:imagef:id:hideyasukurose:20171224103355j:imagef:id:hideyasukurose:20171224103358j:imagef:id:hideyasukurose:20171224103406j:image