教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

テレンス・クロフォードがスパーリング相手に高橋岳(岳たかはし)選手を指名‼️

夏学期最後のFinal Examを終え、コストコで食料品の買い出しをしていた時、嬉しい報告が舞い込んできた。現在WBCとWBOの世界スーパーライト級統一王者の世界チャンピオン、テレンス・クロフォード(Terence Crawford選手が 8月19日に彼の地元であるネブラスカ州で4団体世界統一戦の試合に向けて只今、合宿中(キャンプ中)であるのだが、そこにテレンス・クロフォードがスパーリング相手に高橋岳(岳たかはし)選手を指名したのである。

 

 

8月19日の試合の詳細については以下のとおりである。

Wikipediaより引用。

テレンス・クロフォード 対 ジュリアス・インドンゴ戦(テレンス・クロフォード たい ジュリアス・インドンゴせん)は、2017年8月19日にアメリカ合衆国ネブラスカ州リンカーンピナクル・バンク・アリーナで開催されるプロボクシングの試合。WBCWBO世界スーパーライト級王者のクロフォードとWBAIBF世界スーパーライト級王者のインドンゴが行う4団体王座統一戦。4団体王座統一戦は2004年9月18日に行われたバーナード・ホプキンスvsオスカー・デ・ラ・ホーヤ戦以来13年ぶりに実現することになった。またクロフォードはリングマガジン王座、インドンゴはIBO王座を保持している為、試合では事実上6本のベルトが争われることになった。

 

 

f:id:hideyasukurose:20170810143025j:image

 

 

現在、世界一のボクサーとの呼び声も高いテレンス・クロフォード選手の合宿に一ヶ月も前から「スパーリング相手になってほしい!」と声をかけられ、(一ヶ月前は岳君自身の試合が決まりそうだったため今回からの参加になった)僕自身も岳君からメールをもらった時は、かなり興奮してしまった!諦めずに世界トップレベルのボクシングジム「WILD CARD」で関土成山した結果が少しずつ形になっている。お互い分野は違うが切磋琢磨してきた仲間としてこの報告は自分の事のように嬉しかった。

 

 

しかも一昨日まではコロラド州のコロラドスプリングズで合宿をし、今はネブラスカ州のオマハにいる。岳君は今年、己の拳の実力だけでアメリカを飛び回っていることも僕は本当に誇らしい。誰もが出来る事ではない。今も、このアメリカに存在するアメリカンドリーム「決して諦めず強烈な忍耐力を持ち続け、死に物狂いで挑戦し続けた者だけが感じることの出来る最大級の特権」であろう。そして日本とは比べものにならないくらいの可能性やOpportunity(機会)に心の底から感謝してもしきれないぐらいだ。

 

 

 

f:id:hideyasukurose:20170810143014j:image

 

 

それにしても、WILD CARDのTシャツがとてもよく似合っている。WILD CARDに所属して数年経っているので数々の世界チャンピオンと日々練習して岳君もかなりの実力がついていることに疑いの余地はないであろう。来年には世界戦がある事を此処バークレーの地で願っている。

 

 

f:id:hideyasukurose:20170810143131j:image

 

 

 

以下のYoutubeは2014年6月28日、テレンス・クロフォード対ユリオルキス・ガンボアとの試合。

 

 

youtu.be

 

 

テレンス・クロフォードはパウンド•フォー•パウンドで現在世界ランキング5位となっており、これからのボクシング界で頂点に立つ男の1人と言われている。

 

 

www.espn.com