教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

念願のA(GPA 4.0)!!

ようやく、バークレーでAが取れた!この社会学はここでAを取れなければ「希望する大学院を変更しなければならない」という背水の陣の気持ちで挑んだ。春学期ではBやB-というゴミみたいな成績を取ってしまいかなり落ち込んでいたのだが、これを機に「UCバークレーでもやれるんだ!」という自信を完全に取り戻せた。

 

Final Exam終了後、
家族でオークランドにあるミュージアムへ。

 

 

ただ一喜一憂していられない。A(GPA4.0)が取れたといっても1クラス(4単位)だけである。ここから一気に挽回してGPAを可能な限り上げていきたい。


知的体力の回復のため、大好きな小籠包のレストランへ。



”自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。”
岡本太郎