教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

パートタイムの仕事を始めた

先週からUCバークレー世帯寮の中にあるAcademic Centerのアシスタントとして働いている。実はこの仕事は去年ここに来た時から狙っていた。なぜなら働いている時間の95~98%は勉強が出来るからである。


アメリカ人二人と面接をしたのだがかなり鋭い質問もされて焦ってしまった。何とかその場を乗り切ったのだが、「パートタイムだから」という甘い認識が面接に対する準備不足を招いてしまった。反省して次に活かしたい。




今学期は週三日、ここで働いている。


この仕事はWork-Studyの資格を持っている者だけと限定されており、米国永住権を持っている僕はこういうベネフィットをどんどん活用していきたい。




看板が出来ていた。