教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

Twitter的なつぶやき(2017年春学期に感じている事)2

大学院博士課程での研究で何がしたいのか漸増ではあるが見えてきた。まだ詳細を語れる段階ではないが、簡潔に述べるのであれば「ラテンアメリカと日本のコラボレーション」がとても魅力的である。大学院に出願する時はComparative Literature doctoral program(比較文学大学院博士課程)にするべきでは!?と、最近は考え込んでいる。



地下鉄バークレー駅の入り口