教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

2017年の春学期が始まった。

光陰矢の如し冬休みも終わり、昨日からUCバークレーの春学期は始まった。再びここバークレーで刻苦勉励出来る事に感謝しながら今学期を乗り越えたい。


昨日の午後にはヒスパニック言語学の授業を受けてきた。教授はクラスの説明もそこそこに切り上げ、さっそく言語学や認知科学の定義の説明やグループディスカッションを始めた。既に課題も出ており「さあ~やるぞ!」と身が引き締まる思いである。


バークレーでの初学期であった前学期では環境の変化や新たな舞台での挑戦と試行錯誤の連続であったが、今学期はGPA(成績評価値)を上げることに徹底したい。但し、前学期から学んだことを生かしてあまり気を張り詰めず、程よい緊張感と肩の力をうまく抜きながらバークレーでのアカデミックな挑戦を大いに楽しみたい。





キャンパス内にあるCalifornia Hall。



セイザーゲートにも生徒が戻ってきた。



今学期の最大の楽しみは何といっても「ラーメン一風堂」がUCバークレーの傍にOPENすることだ。




噂では今月か来月にオープンする予定らしい。


今日はSurvey of Modern Latin American Literatures and Cultures(現代ラテンアメリカ文学と文化の調査)の授業も始まる。この授業を教えている教授はプリンストン大学大学院の博士課程を修了しておりアイビーリーグの大学院についても質問出来るので非常に楽しみである。