教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

UCバークレーでの最初の学期が終了した。

ようやく試行錯誤しながら死中求活した秋学期が終了し、一安心である。Final Exam前はあまりにも精神的に張り詰めていた為、Final Exam後にはしばらく死人のようになっていた。今学期が初めてのバークレーという事もあり本当に艱難辛苦であった。


ここに書いている事は噓偽りなく、本当に苦心惨憺であった。信じられないほどの課題の量に何百回と押しつぶされそうになったことか。時には見たこともない課題の量に体全身が凍り付いた。内容自体は僕が求めていたものなので楽しいのだが....



コンサートが行われるZellerbach Hall。
コンサートも行きたかったのだが、
まったくそんな余裕はなかった。


Final Exam前日には不安とプレッシャーで押しつぶされそうになり、一睡も出来ずテスト直前まで只管勉強していた。苦しい時、負けそうになる一歩手前のギリギリな状態で何処まで自分との戦いに勝ち続けて前に進んでいけるのか、まさに心理的な戦いである。ただ、この苦しさ&辛さは僕を成長させてくれる必要不可欠な要素なのである。



キャンパス内の一枚。




ここでUCバークレーでの初学期を終え、感じた事を一言で自分なりに表現してみたい。


「UCバークレーの学部の授業は大学院に進学する事を前提にしている。」


本当にみんな滅茶苦茶勉強する。信じられないくらいの量をこなしている。中間テストが終わった週末でも図書館は満席で地べたに座りながら学生達が勉強している光景が脳裏に焼き付いている。きっと一生忘れる事はないであろう。これが世界トップクラスの大学なのかと、本当にそう強く実感しながら過ごした今学期であった。今学期を通して自分の基礎学力不足を再び痛感した。これから年明けの春学期に向けてこの冬休み期間(Holiday Season)しっかりと充電しつつも基礎学力を再構築しなければならない。もちろん、大学院進学に向けてResearchも同時進行していきたい。



雨が降る直前のキャンパス。


来週の月曜日には僕の大切な先輩に久々に会う予定になっている。Final Exam後の最初の楽しみである。この詳細は次回の投稿「居酒屋AJITO in クパチーノ。」にて。