教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

BIG GAME&BIG GIVE!!

明日はUCバークレー対スタンフォード大学のアメフトの試合がある。この二校は北カリフォルニアのベイエリアにあり、お互い強烈なライバル心を持っている。


この対戦を「BIG GAME」と呼ぶ。


偶数の年はUCバークレーのホームゲームで試合なので明日はバークレーで試合という事もあり、みんな気合が入っている。奇数の年はスタンフォードで開催されるので来年は、アウェイゲームとなる。両校とも、素晴らしいスタジアムを持っており、いつもBIG GAMEの時には超満員になると聞いている




キャンパス内にて撮影。


明日のお昼から試合は始まる。




今週はBIG GAMEの前にもう一つ大きなイベントがあったので超簡潔に紹介したい。

11月16日の夜9時から17日の夜9時までの24時間という限られた時間の中で寄付金を集めるイベント「BIG GIVE」が行われた。

先ほどBIG GIVEのウェブサイトを覗いてみたところ、


寄付金総額がなんと、$ 11,678,195あった。


1ドルを100円計算ですると11億円以上である。読者の皆様は既にご存知だと思うのだがUCバークレーは公立大学である。この金額を寄付のみ(しかも24時間)で集めれるUCバークレーのすごさを改めて実感している。





BIG GIVEでの一枚。


明日は家でBIG GAMEを観戦しながら、ラテンアメリカ研究の最終論文(3000語)の準備をしたいと思う。

Go Bears!!