教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

アメリカ大統領選当日。

早朝に起きてスペイン文学の論文と社会学の課題を終わらしたかったのだが、未だに終えることが出来ず結局、大統領選の生中継をつけながら課題をする羽目になってしまった。


いつも通り英語とスペイン語の両方で視聴。


スペイン語チャンネル。

我が家の公用語スペイン語で視聴してもスペイン語チャンネルのTelemundoはNBCが親会社なので基本的には英語で視聴するのと何も変わらないのだが、西洋文明とラテンアメリカ文明の上に成り立つ言語文化を理解し、スペイン語と英語の言語が変わることでの表現力やアプローチの仕方、思考の微妙な違いを読み取るのは非常に楽しいのだ。





UC Village内の投票所案内標識。




色違い。民主党と共和党の色なのか?


あと数時間で次期アメリカ大統領が本当に決まる。アメリカ在住者として気が高ぶっているのは紛れもない事実である。