教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

誇らしく思う事。

数日前に2017年度のU.S. News Education Best Global Universities Rankings が公表されUCバークレーは世界第4位にランキングされたとバークレー校内で話題を呼んだ。



勿論、U.S. News Educationはアメリカの雑誌なのでアメリカの大学が有利なのは至極当然だがそれでもこのランキングを見た時には喜色満面になった。




出典 U.S. News Education
Best Global Universities Rankings 2017




ここでアメリカ国外で主要とされている二つの世界大学ランキングの発表を見てみたい。


一つ目は上海交通大学の世界大学学術ランキング(ARWU)2016年のUCバークレーの順位はなんと、世界第3位!本当に素晴らしい。




出典 上海交通大学
2016年世界大学ランキング(ARWU)





二つ目はザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が発表する大学ランキング。世界大学評価機関の中でも「世界で最も権威があり信用がある」と称される大学ランキングである。2016年度THEでの順位は第6位である。






出典 The Times Higher Education
2016年世界大学ランキングベスト10



今までの人生を振り返ってみてもこれほど誇らしい事があっただろうかと思うぐらい、各世界大学ランキングを見るたびに恥ずかしながら年甲斐もなく素直に嬉しく思う。


昨日もハロウィーンだったのだが、そんなことは今の僕には一切関係なく、夕方の授業前にはいつも通り図書館で予習と次回の論文の構成について考えていた。日々の努力を欠かすことなく継続出来る事がどれだけ尊いかと、思い耽る今日この頃である。