教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

今の気持ちを備忘録として書き残したい。(バークレーでの初学期)

今学期が初めてのバークレーということで、今までとは次元の違うAcademic levelに嬉しさを感じながらも、もがき苦しんでいる。今の苦しみをここにしっかりと書き残しておきたい。


今、論文を書いている真っ最中である。


毎週末、課題に追わすぎてまったく落ち着く暇もないどころか論文との争いに思わず手に汗を握る。特に自分自身の英語力のなさを痛感している。まだまだ努力が足りないのだ。


基本的には日用品や食料品を買い物に行く限り、家とクラスの往復だけである。時間がいくらあっても足りない。ただ、限られた時間の中でどれだけ高いクオリティーの論文が書けるかが勝負であり挑戦でもある。


きっと今月のガソリン代は約30ドルであろう。只管、勉強である。これがUC Berkeleyなのだ。


それにしても毎日キャンパスで観光客を見かける。彼らが写真を撮ったりキャンパスツアーに参加している姿を見ると、やはり世界トップクラスの大学に僕はいるんだ。と再確認している。