教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

今学期からは読書、分析、論文を書く。これを只管繰り返す。

学校が始まって一週間ちょっとが経過した。たくさんのOpportunityとGreatなDiversity。素晴らしい環境であると日々実感している。


早ければ来週からカリフォルニア州の公立中学校でスペイン語教師のアシスタントをすることになりそうだ。アメリカ人に英語でスペイン語を教える事になる。非常に楽しみである。


一方で来年、大学院出願を控えており初っ端から大学院出願のセミナーやスカラーシップ(Scholarship)のミーティングなど積極的に参加した。
その結果、自分自身にプレッシャーを掛け過ぎて一人で空回り状態になるという実に間抜けな男だ。
30代半ばになっても落ち着いて行動出来ない&ペース配分も出来ないアホな男である。




今学期の本が揃った。



気持ちを今取っている授業にしっかりと戻し、まずは読書地獄から始まりである。本は英語とスペイン語があるので言語が混乱しないように注意して読みたいと思う。

アメリカの今週末は三連休なのだがゆっくり休んでいられない。今週末にはラテンアメリカ研究(Latin American Studies)のクラスの課題で本を丸々一冊読み論文を書き終えなければならない。その他にも教育学とスペイン文学のReadingや課題もありさすが、バークレー」という気分になる。


今日はゆっくり寝て明日の読書に向けて知的体力を回復させたいと思う。