教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

初登校!! 皇国の興廃この一戦にあり全力を尽くせ。

いよいよ待ちに待った初登校だ!!北カリフォルニア(ベイエリア)の涼しい風に心地良さを感じながら世帯寮からUCバークレーへバス通学。お気に入りのJAZZスタンダード「Everything Happens to Me」を聞きながら。







どこまでバークレーのレベルについていけるか不安もあるがここバークレーで勉強出来る幸せを目一杯噛みしめて学士号取得までの道のりを歩んで行きたい。




大学に入ってすぐの道。大学内である。




別の角度から。




キャンパス内。


この題名の「皇国の興廃この一戦にあり全力を尽くせ。」は先月、僕がバークレーに到着した時に「無事に着きました。」と両親へ報告メールをしたら親父からのメールの返信でこう書いてあった。秋山真之の名言からの言葉だ。



ここがバークレーの正門Sather Gate。





セイザーゲート。





セイザータワー。 Sather Tower。



親父からのメッセージを読んだ時、コミカレ時代以上に全力で取り組んでいかなければならないと自分自身に念を押すことが出来た。敢為邁往を胸に秘めバークレーの秋学期に臨みたいと思う。