教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

コミュニティカレッジについて簡略に説明しておきたい。

今回の投稿はコミュニティカレッジについてなのだが、真面目に事細かに書いてしまうと、ものすごく長くなってしまうのでめっさ簡単に記してみたい。きっと説明という言葉はふさわしくないほど簡略している事を読者の皆様には理解して頂けると有り難い限りである。


以下省略してコミカレ。)


僕が通っていたロサンゼルスシティカレッジ。




コミカレとは、その地域の地元住民が高等教育(筆者が思うに日本でいう短期大学と同じレベル)や職業訓練コースなどを格安の値段(ほとんどの人が授業料は免除だと思う)で、教育を受けれる事が出来る場所なのである。ごく一部の例外を除けば基本的には年齢や人種は一切関係なく、どのようなbackgroundがあっても問題なく入学出来る素晴らしいシステムだ。


なぜなら「Open Admissions」からである!


長い人生の道のりの中で失敗や挫折をした者でも人生に対してもう一度頑張ってみようと思ったり、勉強をしたいと思うなら老若男女問わず挑戦&やり直しが出来るのである。


一方でOpen Admissionsだからこそ、学生達の教育格差は凄まじい。時には言葉を失ってしまうこともあった。本当に立派な大人が日本でいう小学生の高学年で習う算数が出来なくて中退していく学生達を僕は見てきた。


でも僕はこの恩恵を大いにあずかった。社会のほぼ底辺から世界一の国公立大学に合格したのだ!!


だからこそ、「The United States of America is the Land of Opportunity」まだ間違えなく存在していると強く思う!!


僕がコミカレで教授になった時には真摯に取り組み、この恩恵をあずかった以上のものを未来の生徒達に還元していきたい。