教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

去年の大学出願について振り返りたいと思う。

去年の11月末、コミカレから四年制大学への編入制度でカリフォルニア大学に出願をした。出願した大学は以下の4校。第一志望校カリフォルニア大学バークレー校 (University of California Berkeley)第二志望校カリフォルニア大学ロサンゼルス校(Universit…

今学期からは読書、分析、論文を書く。これを只管繰り返す。

学校が始まって一週間ちょっとが経過した。たくさんのOpportunityとGreatなDiversity。素晴らしい環境であると日々実感している。早ければ来週からカリフォルニア州の公立中学校でスペイン語教師のアシスタントをすることになりそうだ。アメリカ人に英語でス…

初登校!! 皇国の興廃この一戦にあり全力を尽くせ。

いよいよ待ちに待った初登校だ!!北カリフォルニア(ベイエリア)の涼しい風に心地良さを感じながら世帯寮からUCバークレーへバス通学。お気に入りのJAZZスタンダード「Everything Happens to Me」を聞きながら。どこまでバークレーのレベルについていける…

アメリカの魅力。

アメリカの魅力は沢山あるがその中でも、「年齢に関係なく新しいことにいつでも挑戦出来る!」このチャレンジ精神を受け入れる寛大な心を持つアメリカの文化は本当に心を惹かれる。また、挑戦する人には支援する環境が整っているということだ。頑張れば頑張…

プロボクサー高橋岳選手。

ここアメリカで一人のプロボクサーと出会った。人生で初めてのボクシング選手との出会いだ。彼との出会いは今から4年前、まだ彼が観光ビザでアメリカのボクシングジムで練習している時である。ボクシングと学問。まったく違う分野だが、お互いに世界を舞台…

U-19日本代表 vs U-19アメリカ代表

先月、2016年7月3日(日)にカリフォルニア州のカーソン市にあるU.S. Soccer National Training Centerで2016 NTC招待大会が開催されていたので、家族で観戦しに行ってきた。サッカー(日本代表)を愛する者としてはとても楽しみにしていた試合であった。後ろ…

南カリフォルニアと北カリフォルニアの違いを簡潔に記したい。

題名の通り、ここ一週間で感じた南カリフォルニアと北カリフォルニアの違いを簡潔に記したい。といっても分析やあらゆる情報を駆使して書くのではないし、北カリフォルニアと言ってもバークレーやアルバニーなどの数都市限定の小さな範囲だが、自分が感じた…

¡Hola Berkeley! ¡Mucho gusto en conocerte!

無事にバークレーの世帯寮に到着!!無事に到着出来て一安心だ。University Village内の案内標識。27日の水曜日の朝にはバークレーに到着していたのだが、なんせする事が多すぎてインターネットの接続までに時間がかかってしまった。自宅は三階にある。そ…

¡Adiós Los Angeles!

ロサンゼルスダウンタウンの景色も見納めである。ロサンゼルスダウンタウンの夜景。あまり上手く撮れなかった。。。写真はアマチュアレベル以下である。いよいよ、舞台は北カリフォルニア(ベイエリア)!!本当に夢&目標であったバークレーの地へ!!安全…

Characteristics of Community College Students. コミュニティ・カレッジの生徒の特徴(自己の視点から)。

僕自身は留学生ではないし、アメリカ在住が13年と長いのでどうしてもアメリカ人や移民の人達と同じ感覚でいる事の方が多いと思う。(カリフォルニアresident やdomesticの人間の感じと言った所だろうか)。そこで思索していた結果、コミカレの生徒の特徴を…

コミュニティカレッジについて簡略に説明しておきたい。

今回の投稿はコミュニティカレッジについてなのだが、真面目に事細かに書いてしまうと、ものすごく長くなってしまうのでめっさ簡単に記してみたい。きっと説明という言葉はふさわしくないほど簡略している事を読者の皆様には理解して頂けると有り難い限りで…

なぜ大学の教授ではなく、コミュニティ・カレッジで教授になるのか。

僕がロサンゼルスシティカレッジ(Los Angeles City College)で百折不撓しながら粒粒辛苦していた時、たくさんの人間模様を見る事が出来た。その経験に基づいて自分の言葉でコミュニティ・カレッジの定義を説くならばそれは「人生最後の敗者復活戦」であろう…

はじめに。

このブログはアメリカ在住13年で米国永住権保持者、神戸生まれ大阪育ち純関西人の36歳(2016年7月現在)の超ドアホな日本人男性が30代でも目標に向かって挑戦出来る幸せを精一杯噛みしめながら、アメリカでチャレンジ精神を全開にカリフォルニア州のコミ…