教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

UCバークレー

2017年ノーベル物理学賞

僕がMidtermで死中求活している時に驚喜するニュースが飛び込んできた。バリッシュ教授が今年のノーベル物理学賞を受賞されたのだ!現在はカリフォルニア工科大学の名誉教授だが、バリッシュ教授は物理学学士と実験的高エネルギー物理学のPh.D(博士号)の両…

Midterm(中間テスト)が終了した

先週と今週の二週間はMidterm(中間テスト)が続いていたのだが、何回経験してもバークレーでのMidtermは本当に「胃に穴が開くのではないか。」というほどのストレスを感じる。先週末には下の娘に高熱が出たため勉強を一時中断し、深夜1時頃、オークランドま…

URAP(Undergraduate Research Apprentice Program)の合否

結果から言うと2勝1敗であった。一番自信があった政治学が残念な結果となったが、第一希望の比較文学は合格したので一安心である。このURAPには一次審査と二次審査がある。まず一次審査ではURAP Applicationの項目の中に「Statement of Interest」があり400…

新学期が始まった(学術研究のクラスにApply)

つかの間の休みも終わり先週から新学期が始まった。今学期から一年間はURAP(Undergraduate Research Apprentice Program)というUCバークレーの学部生に学術研究への興味や関心をより深く関与させることを目的としているプロジェクトのクラスを取っていく。…

夏学期の目標を達成したこと

夏学期のクラスをストレートAで終えることが出来、本当に一安心である。途中で音楽のクラスに変更した事(GPAを上げる戦略)も功を奏して最低ラインのGPAまで上げることが出来た。 春学期を終え、夏学期が始まる前の五月の半ば頃に自分自身をもう一度奮起させ…

クラスを変更した

夏学期の後半のクラスをSPANISH 135 Studies in Hispanic Literature(ラテンアメリカ文学の研究)からMUSIC N148: African Music Ensemble(アフリカ音楽のアンサンブル)に変更した。ジャズやラテンジャズが大好きな僕にとってはバークレーで初めて楽しめ…

念願のA(GPA 4.0)!!

ようやく、バークレーでAが取れた!この社会学はここでAを取れなければ「希望する大学院を変更しなければならない」という背水の陣の気持ちで挑んだ。春学期ではBやB-というゴミみたいな成績を取ってしまいかなり落ち込んでいたのだが、これを機に「UCバーク…

2017年度UCバークレー卒業式

先週の土曜日にUCバークレーの卒業式(学部)が行われた。ヒスパニック言語学のFinal Examはグループでのプレゼンテーションだったのだが、グループメンバーの二人はこの卒業式に出席しており、非常に感慨深いものであった。特にロサンゼルスシティカレッジ…

2017年の春学期が終了した

やっと今学期すべてのFinal Examsが終了した。Final Exams Week前のDead Week (RRR Week)は相変わらずの強烈なプレッシャーが僕の心にずっしりと重くのしかかり精神的&心理的に追い込まれ、切迫感が漂うのを通り越してFinal Examの前日には不安のあまり悲壮…

専攻を変えた

二月下旬から数週間、僕は専攻を変えるべきではと、思い悩んでいた。何故ならば大学院に進学した時、何を研究したいのかを逆算する戦略を用いた場合、僕自身は一つのカテゴリーに縛られることなく国境や文化、文明の枠を飛び越えてワールドワイドな視点で文…

ノーベル賞受賞者専用の駐車場

去年キャンパス内で信じられない標識を見て思わず自分自身の目を疑ってしまったのだが、本当に実在するのである。それが今回の投稿タイトルでもある「ノーベル賞受賞者専用の駐車場」である。UCバークレーを訪れる人達の中ではちょっとした名所になっている…

Spring Breakに突入

三月に入ってからこのSpring breakまで本当に追われていた。論文の提出に中間&小テストの嵐、ヒスパニック言語学の分析レポートも春休み前までに提出と目の前の課題をこなしていくだけで一杯一杯なのにもかかわらず、今やる必要が全くない大学院のリサーチ…

中間テスト期間中(2017年春学期)

今週はMidterm Exam(中間試験)の期間であり、みんな殺気立ってるくらいの緊張感が漂う中、物凄いプレッシャーとストレスを抱えている。このプレッシャーのレベルはコミカレ時代とは比べ物にならないほど超強烈である。ヒスパニック言語学の中間テストが火…

昨日のバークレーの出来事(抗議活動を超えて暴動化)

日本のニュースでも取り上げられた今回のUCバークレーでの暴動。最初に声を大にして言いたいことがあるのだが、それは「暴動はUCバークレーの学生達によるものではない!!」僕も去年からバークレーにいるので彼らの人間の質は理解している。この経験が「彼…

フルタイムで働くよりも休みがない。と感じること

春学期が始まって2週間が経過した。すでに小テストを2つ終え、相変わらずの千万無量のReadingと課題に押しつぶされそうになりながらもこの苦しみを味わえるバークレーに感謝している。課題やテスト、論文すべてをスペイン語でこなさなければならない今学期…

2017年の春学期が始まった。

光陰矢の如し冬休みも終わり、昨日からUCバークレーの春学期は始まった。再びここバークレーで刻苦勉励出来る事に感謝しながら今学期を乗り越えたい。昨日の午後にはヒスパニック言語学の授業を受けてきた。教授はクラスの説明もそこそこに切り上げ、さっそ…

UCバークレーはどのようにして合格者を選ぶのか

沢山の成績優秀者が世界中から出願してくるUCバークレー。どのようにして合格者を選んでいるのか?その基準については堂々とUCバークレーのホームページに公表されている。一部ではあるが今回の投稿に載せてみたい。以下の英文はHow Berkeley Selects Studen…

なぜUCバークレーに合格出来たのか。(自己分析)

UCバークレーやUCLAなどの世界トップクラスの大学に合格するにあたり、一生懸命勉強に励むだけでは不十分である事を痛感した。基本的には出願者全員が成績優秀者であり、学問上におけるレベルは僕なんかとは比べものにならないほど出来るのである。まさに天…

UCバークレーでの最初の学期が終了した。

ようやく試行錯誤しながら死中求活した秋学期が終了し、一安心である。Final Exam前はあまりにも精神的に張り詰めていた為、Final Exam後にはしばらく死人のようになっていた。今学期が初めてのバークレーという事もあり本当に艱難辛苦であった。ここに書い…

RRR Week!

12月2日に今学期すべての授業が終了した。いよいよDead Week(バークレーではRRR Weekと呼ぶ)に突入である。(RRR) WeekとはReading, Review, and Recitationの意味を示しており、もうすでにバークレー校内にある図書館は24時間Openになっている。今日から一…

BIG GAME&BIG GIVE!!

明日はUCバークレー対スタンフォード大学のアメフトの試合がある。この二校は北カリフォルニアのベイエリアにあり、お互い強烈なライバル心を持っている。この対戦を「BIG GAME」と呼ぶ。偶数の年はUCバークレーのホームゲームで試合なので明日はバークレー…

誇らしく思う事。

数日前に2017年度のU.S. News Education Best Global Universities Rankings が公表されUCバークレーは世界第4位にランキングされたとバークレー校内で話題を呼んだ。Berkeley NewsのWebsite。勿論、U.S. News Educationはアメリカの雑誌なのでアメリカ…

ここバークレーで今、感じている事。

ここ最近、社会学の授業でバークレーの大学院生数名と出会う機会があった。彼らと接して感じたことを一言でいうと「何という人間の質の高さ」であろう。特に博士課程の人達の思考回路の豊かさには度肝を抜かれる。僕が大学院生になった時には彼ら並みの思考…

今学期からは読書、分析、論文を書く。これを只管繰り返す。

学校が始まって一週間ちょっとが経過した。たくさんのOpportunityとGreatなDiversity。素晴らしい環境であると日々実感している。早ければ来週からカリフォルニア州の公立中学校でスペイン語教師のアシスタントをすることになりそうだ。アメリカ人に英語でス…

初登校!! 皇国の興廃この一戦にあり全力を尽くせ。

いよいよ待ちに待った初登校だ!!北カリフォルニア(ベイエリア)の涼しい風に心地良さを感じながら世帯寮からUCバークレーへバス通学。お気に入りのJAZZスタンダード「Everything Happens to Me」を聞きながら。どこまでバークレーのレベルについていける…