弁護士になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!米国一流法科大学院(T14)の合格&進学を目指し、最終目標である弁護士としてアメリカ国防総省で働くまでの日々や思考を綴ったブログ。

Publication

イングランドでのPublicationに成功したこと

今回のPublicationは初ヨーロッパ進出成功である!これで西海岸と東海岸、ラテンアメリカ(アルゼンチン)にロンドンと国際的に僕のOP-EDが評価されたことをロースクールにアピール出来る!法科大学院出願に向けてのPublicationは十二分に目標達成である。 …

東海岸でのPublicationに成功したこと

今回のPublicationはワシントンD.C.に拠点を置くThe Washington Examinerという保守的な政界に影響力がある週刊誌である。このArticleをPublishするまでに半年以上かかってしまったが、初の東海岸進出のきっかけになったので本当に嬉しかった。強い忍耐力の…

アルゼンチンでのPublicationに成功したこと

今回のPublicationはアメリカを飛び越えて南米での成功である。僕のArticleがPublishされたウェブサイトは英語であるが、オフィスはアルゼンチンの首都であるブエノスアイレスにある。 このArticleはラテンアメリカ文学の中で僕が一番敬愛している文学者、ホ…

UCバークレー比較文学科のホームページ

今日から春休みに入ったので、LSATに集中しながらも今まで溜まっていた雑事をこなしていたら、UCバークレー比較文学科のホームページに、僕のPublicationがニュースとして掲載された事をふと思い出したので、此処に書き残しておきたい。 勿論の事、これも法…

Publicationに向けて総攻撃を開始したこと

法科大学院出願まで残り8ヶ月の今日、最低でもあと3つはPublicationさせたいと切望しているので、今月は今まで作り上げてきたArticleとEssayをアメリカのメジャーな出版社からローカル新聞にと、幅広く送った。 今月送った出版社(新聞社も含む)は以下の通…

三回目のPublication!(バークレーのニュースサイト)

昨日の朝、「あなたの記事が掲載されました。」という嬉しい報告がBerkeleysideの編集者からメールで送られてきた。今回のPublicationはUCバークレーの大学新聞ではなく、Berkeleysideというバークレーを中心としたローカルニュースサイトである。初めて大学…

二回目のPublication!

先週のThe Daily Californian(UCバークレーが発行している大学新聞)に僕の記事が掲載された。(二回目のPublish成功である。)アメリカ学術界において「Publication」がいかに重要であるのかを熟解しているので、去年の年末から休暇中でも緊褌一番して記事…

初のPublish!

12月5日の今日、僕のOpinionがThe Daily Californian(UCバークレーが発行している大学新聞。通称Daily Cal)に掲載された。1871年の創刊以来、Daily Calは此処バークレーでの伝統になっており、中年のおっさんになってもPublishされると嬉しいものだ。 …