弁護士になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!米国一流法科大学院(T14)の合格&進学を目指し、最終目標である弁護士としてアメリカ国防総省で働くまでの日々や思考を綴ったブログ。

法科大学院

全法科大学院の出願を終えたこと(イェール以外)

バークレーの通常授業や課題、それにMidtermとロースクールに出願を同時進行していた九月と今月は、時に気が狂いそなくらいIntenseであったが、ようやくイェールを除き法科大学院の出願が終了した。LSATのスコアが発表後、なぜそんなに急いで出願していたか…

LSATを受験し終えたこと

先週の土曜日、無事にLSAT(米国法科大学院適性試験)を終えることが出来た。試験前は緊張とストレスで体全身にかなりの痛みがあったので、試験当日の朝に痛み止めの薬を飲んでから試験に挑んだ。 受験生のほとんどが試験を受ける前よりも、受けている途中の方…

萎靡賃貸の時期(LSAT編)

ここ最近はLSATの過去問を猛勉強中なのだが、論理的思考能力(Logical Reasoning)だけはどうしても点数を上げる事が出来ない。もう既に論理的思考能力(Logical Reasoning)だけでもかなりの問題をこなして分析&練習を繰り返しているのにまったく成果が見…

トランプ大統領の次女(ティファニートランプ)

今年の秋に出願する法科大学院の一つであるジョージタウン大学ローセンター(ジョージタウン大学法科大学院)に実は今、トランプ大統領の娘、ティファニートランプがJD生として勉強している。今年の米国法科大学院(ロースクール)ランキングでは第14位とT14…

LSATでの本当の難敵とは

LSAT(米国法科大学院適性試験)の本番まであと二ヶ月ちょっとであるが、一番難しいセクションは読解能力(Reading Comprehension)ではない事に気が付いた。そう、本当の強敵は論理的思考能力(Logical Reasoning)なのである。 このLSATは5つのセクション…

LSACへの登録

アメリカ法科大学院出願するにあたり、一番最初にしなければならないことがLSAC(Law School Admission Council)に登録することである。 五月に入ればLSACに登録すると決めていたので、Final Exams終了後、LSACに登録をした。 まず、LSAC(Law School Admissio…

LSATの目標点数を設定したこと

Spring break後のバークレーは正にAcademic地獄であった。莫大な授業の課題や法科大学院出願に向けてのスカラーシッププログラムなど、息つく暇がほとんどなかった。あまりの忙しさにボランティアを二回休ませてもらった。気が付けば、四月も残り一週間とな…

法科大学院への準備(スカラーシップを獲得)

今年の秋に出願する法科大学院に向けて強力なバックアップ体制を獲得する事が出来た。それが今回のスカラーシップである。LevelBar Scholarship Programという非営利組織が此処ベイエリアで、低所得層を中心としたマイノリティの人達に対して、法科大学院出…

2019年度の米国法科大学院ランキング(アメリカロースクールランキング)

昨日、最新のアメリカロースクールランキング(米国法科大学院ランキング)が発表(リーク!?)された。今年、法科大学院を受験する僕にとっては待ちに待ったランキングの発表だ。では、さっそく順位を見ていきたい。 Top50は以下の通りである。 1. Yale Un…

LSATとは(LSATとの戦い)

アメリカでは、法科大学院(ロースクール)に出願する前に、受けなければならない試験がある。それが今回のタイトルにもなっているLSATである。 LSATとはLaw School Admission Testの略称で日本語訳では米国法科大学院適性試験になる。米国法曹協会(American…

ボランティア活動

実は去年の11月頃から法科大学院に向けて2つのボランティア活動している。このボランティア活動は今年の秋、法科大学院に出願する時、とても重要になってくる要素のうちの1つであると思っている。 此処で僕がやっているボランティア活動を簡単に紹介したい。…

なぜ僕の第一志望校がシカゴ大学法科大学院なのか?

シカゴ大学(University of Chicago)と言えば経済学が最強であると思われる方が多いと思うが、まさにその通りであると僕も思う。特に「シカゴ学派」という言葉あるくらい経済学は有名であり、個人的にはシカゴ大学の経済学は、全米一ではなく世界一だと思う。…

現段階でのベスト3

読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。 2018年の最初の投稿は法科大学院出願まで9ヶ月を切ったということで、僕の志望校(法科大学院)のベスト3を書いてみたい。勿論の事、T14は僕にとって凌雲之志だという事に疑いの…

T14とは(アメリカロースクール・ランキング)

今年最後の投稿は来年出願するアメリカの法科大学院について書こうと思う。 まず最初にアメリカの法曹界を語るうえで知っておかなければならない事がある。それが今回のタイトルの名前にもなっているT14である。 T14とは、米国法科大学院のトップスクール(…

アメリカ法曹界への挑戦を決意したこと

ここ数週間程、来年の大学院出願の事で千思万考していたのだが、ようやく結論に達することが出来たので簡潔ではあるが述べてみたい。 まず結論から述べると本当に深謀遠慮した結果、来年の大学院出願はJuris Doctor degree (法務博士)での出願で、法科大学院…