教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

夏学期の目標を達成したこと

夏学期のクラスをストレートAで終えることが出来、本当に一安心である。途中で音楽のクラスに変更した事(GPAを上げる戦略)も功を奏して最低ラインのGPAまで上げることが出来た。 春学期を終え、夏学期が始まる前の五月の半ば頃に自分自身をもう一度奮起させ…

テレンス・クロフォードがスパーリング相手に高橋岳(岳たかはし)選手を指名‼️

夏学期最後のFinal Examを終え、コストコで食料品の買い出しをしていた時、嬉しい報告が舞い込んできた。現在WBCとWBOの世界スーパーライト級統一王者の世界チャンピオン、テレンス・クロフォード(Terence Crawford)選手が 8月19日に彼の地元であるネブラ…

フランスの写真 (BY丸茂義朝氏)

先程投稿したなでしこジャパンの写真とフランスの写真のどちらを投稿しようか何れ菖蒲か杜若だったのだが、良い作品は両方とも投稿したいという事で、引き続き丸茂さんが撮ったフランスの風景写真を紹介したいと思う。それにしても、何回見ても丸茂さんの写…

なでしこジャパン in 南カリフォルニア

8月3日に2017 Tournament of Nationsの第3戦でなでしこジャパンvsアメリカ女子代表がカリフォルニア州のカーソン市にあるStubHub Centerで行われた。今回の投稿はこの試合の写真を紹介したい。この試合会場で写真を撮影された丸茂義朝氏は僕がバークレーに来…

Twitter的なつぶやき(2017年夏学期に感じている事)2

下記に書かれている古典主義を築いたゲーテの言葉を僕は強く信じている。ここで書かれている「体力」を僕の解釈で「才能」と置き換えたい。但し、「耐久力」は大きな志を持ち、目指していく過程で諦めなければ確実に身に付ける事が出来るであろう。 "立派な…

ついにオープン!

待ちに待った一風堂が今日、UCバークレーの近くにオープンした。開店30分前からかなりの人が行列を作りながら待っているという情報が入ってきたので今日は行くのを止めることにした。 場所はダウンタウンBerkeleyにあるので、車を駐車する場所を見つけるのが…

クラスを変更した

夏学期の後半のクラスをSPANISH 135 Studies in Hispanic Literature(ラテンアメリカ文学の研究)からMUSIC N148: African Music Ensemble(アフリカ音楽のアンサンブル)に変更した。ジャズやラテンジャズが大好きな僕にとってはバークレーで初めて楽しめ…

念願のA(GPA 4.0)!!

ようやく、バークレーでAが取れた!この社会学はここでAを取れなければ「希望する大学院を変更しなければならない」という背水の陣の気持ちで挑んだ。春学期ではBやB-というゴミみたいな成績を取ってしまいかなり落ち込んでいたのだが、これを機に「UCバーク…

本の紹介

今回の投稿は一冊の本『すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く』を紹介したい。本の著者である鈴木氏との出会いはBerkeley Japanese Academic Network、通称(BJAN)というUC Berkeleyを拠点に研究活動を行う理工系研究者間の研究交流を促進する集まり…

報告

熱き大和魂を胸に秘めた関西男児(中年のおっさん)にメールを送ろう! 永遠の落ちこぼれにぜひ!激励のメッセージを。 hideyakurose落ちこぼれgmail.com落ちこぼれを@に置換して下さい。 キャンパス内にある売店。

僕のロールモデル

少し前の話だが、YouTubeを見ていた時に林修氏が力説していた「学校教育の中で圧倒的に大事な教科は数学である。」にとても強く共感した。相手に理解してもらう伝え方で大切なことは使っている言葉ではなく言語化する前の情報処理の仕方と要素の組み立て方を…

大学院進学に対する危機感

最近思うことを備忘録としてここに書き残しておきたい。単刀直入に言うと今の僕の知力や知識では「大学院での研究過程についていけないのではないかと」という危機感を持っている。以下、何を学び吸収していかなければならないのかを今、僕が感じているあり…

Twitter的なつぶやき(2017年夏学期に感じている事)1

先週からUCバークレーは夏学期が始まっており、この夏学期にはSOCIOLOGY 131AC Race and Ethnic Relations: U.S. American Cultures(社会学、人種と民族の関係。アメリカ文化)とSPANISH 135 Studies in Hispanic Literature(ラテンアメリカ文学の研究)の…

先月の投稿に対しての追記。

先月の投稿で「ノーベル賞受賞者専用の駐車場」に追記したいことがあったので簡潔ではあるが以下の写真と共に述べてみたい。出典 Wikipedia大学所属別によるノーベル賞受賞者一覧のランキングこのランキングを見たらなぜバークレーにこのような駐車場が存在…

2017年度UCバークレー卒業式

先週の土曜日にUCバークレーの卒業式(学部)が行われた。ヒスパニック言語学のFinal Examはグループでのプレゼンテーションだったのだが、グループメンバーの二人はこの卒業式に出席しており、非常に感慨深いものであった。特にロサンゼルスシティカレッジ…

2017年の春学期が終了した

やっと今学期すべてのFinal Examsが終了した。Final Exams Week前のDead Week (RRR Week)は相変わらずの強烈なプレッシャーが僕の心にずっしりと重くのしかかり精神的&心理的に追い込まれ、切迫感が漂うのを通り越してFinal Examの前日には不安のあまり悲壮…

専攻を変えた

二月下旬から数週間、僕は専攻を変えるべきではと、思い悩んでいた。何故ならば大学院に進学した時、何を研究したいのかを逆算する戦略を用いた場合、僕自身は一つのカテゴリーに縛られることなく国境や文化、文明の枠を飛び越えてワールドワイドな視点で文…

ノーベル賞受賞者専用の駐車場

去年キャンパス内で信じられない標識を見て思わず自分自身の目を疑ってしまったのだが、本当に実在するのである。それが今回の投稿タイトルでもある「ノーベル賞受賞者専用の駐車場」である。UCバークレーを訪れる人達の中ではちょっとした名所になっている…

Twitter的なつぶやき(2017年春学期に感じている事)3

ラテンアメリカ文学を通して中南米の歴史や社会背景、そして彼ら独自の哲学思想(思想文化)の理解を深めていくたび「法治国家の偉大さと威厳」を改めて考えさせられる。法律が本来の役割を確実に果たしている日本やアメリカは、法を守らなければならないと…

パートタイムの仕事を始めた

先週からUCバークレー世帯寮の中にあるAcademic Centerのアシスタントとして働いている。実はこの仕事は去年ここに来た時から狙っていた。なぜなら働いている時間の95~98%は勉強が出来るからである。アメリカ人二人と面接をしたのだがかなり鋭い質問もされ…

Spring Breakに突入

三月に入ってからこのSpring breakまで本当に追われていた。論文の提出に中間&小テストの嵐、ヒスパニック言語学の分析レポートも春休み前までに提出と目の前の課題をこなしていくだけで一杯一杯なのにもかかわらず、今やる必要が全くない大学院のリサーチ…

高橋岳(岳たかはし)選手の試合が決定!

昨日の夕方、岳君から急遽、「3月14日に試合が決まりました!」と連絡が入り、勉強しながら少し興奮気味になっていた。今回の舞台はアメリカのミシシッピー州にあるFitzgerald's Casino & HotelでFOXスポーツのスペイン語チャンネルで生放送もされる。対戦相…

やはりJazzは僕にとって最高の音楽である

僕の大好きな曲の一つに「The Nearness of You」という美しい曲がある。以下の動画はこの名曲をJoshua Redman と Brad Mehldauの二人が演奏している。ピアノとサックスの繰り出す絶妙な音の会話。そして何より、この音の深みは本当に筆舌に尽くし難いほど心…

Twitter的なつぶやき(2017年春学期に感じている事)2

大学院博士課程での研究で何がしたいのか漸増ではあるが見えてきた。まだ詳細を語れる段階ではないが、簡潔に述べるのであれば「ラテンアメリカと日本のコラボレーション」がとても魅力的である。大学院に出願する時はComparative Literature doctoral progr…

最近のお気に入りの曲

勉強している時や通学時間は普段JAZZをメインに聞いているのだが最近はクラシック音楽をよく聞いている。たまに旋律を追っかけすぎたり、オーケストラが奏でる表現力の豊かさや力強さには唯々圧巻されてしまい、勉強が止まってしまう時があるのは難点ではあ…

中間テスト期間中(2017年春学期)

今週はMidterm Exam(中間試験)の期間であり、みんな殺気立ってるくらいの緊張感が漂う中、物凄いプレッシャーとストレスを抱えている。このプレッシャーのレベルはコミカレ時代とは比べ物にならないほど超強烈である。ヒスパニック言語学の中間テストが火…

Twitter的なつぶやき(2017年春学期に感じている事)1

春学期が始まり約一ヶ月が経過しようとしてしている。もうすでに日々の勉学で信じられないくらい追い込まれている。それにしてもクラスでテストを受けるたびに驚きを超えて感銘すら覚える。なぜクラスの平均点が常に90点以上なのか!?それもみんな何食わ…

昨日のバークレーの出来事(抗議活動を超えて暴動化)

日本のニュースでも取り上げられた今回のUCバークレーでの暴動。最初に声を大にして言いたいことがあるのだが、それは「暴動はUCバークレーの学生達によるものではない!!」僕も去年からバークレーにいるので彼らの人間の質は理解している。この経験が「彼…

フルタイムで働くよりも休みがない。と感じること

春学期が始まって2週間が経過した。すでに小テストを2つ終え、相変わらずの千万無量のReadingと課題に押しつぶされそうになりながらもこの苦しみを味わえるバークレーに感謝している。課題やテスト、論文すべてをスペイン語でこなさなければならない今学期…

トランプ新大統領が就任。

トランプ新大統領がワシントンDCで就任演説をしていたその時、UCバークレーではマイノリティーを中心とした生徒達が集まりトランプ新大統領に対してProtest(抗議)が行われた。僕は午後に二つ授業があったのでこの抗議集会の途中で授業へ向かった。Protest…

2017年の春学期が始まった。

光陰矢の如し冬休みも終わり、昨日からUCバークレーの春学期は始まった。再びここバークレーで刻苦勉励出来る事に感謝しながら今学期を乗り越えたい。昨日の午後にはヒスパニック言語学の授業を受けてきた。教授はクラスの説明もそこそこに切り上げ、さっそ…

備忘録(大学院の授業)

時間がある冬休みの今、何処の大学院に出願し、どの教授の下で研究するのかをリサーチしているのだが、大学院は西海岸(カリフォルニア州)だけではなく東海岸も頭に入れており、2017年の一月の時点では西海岸5校、東海岸3~4校に絞れてきている。勿論の事…

UCバークレーはどのようにして合格者を選ぶのか

沢山の成績優秀者が世界中から出願してくるUCバークレー。どのようにして合格者を選んでいるのか?その基準については堂々とUCバークレーのホームページに公表されている。一部ではあるが今回の投稿に載せてみたい。以下の英文はHow Berkeley Selects Studen…

ネバダ州のリノに行ってきた。

明けましておめでとうございます。昨年のFinal Exam後に家族でネバタ州のリノに行っていた。僕が住んでいるバークレーからネバタ州のリノまで車で三時間半という丁度いいドライブの距離であった。リノのダウンタウン。リノのダウンタウンから少し車を走らせ…

なぜUCバークレーに合格出来たのか。(自己分析)

UCバークレーやUCLAなどの世界トップクラスの大学に合格するにあたり、一生懸命勉強に励むだけでは不十分である事を痛感した。基本的には出願者全員が成績優秀者であり、学問上におけるレベルは僕なんかとは比べものにならないほど出来るのである。まさに天…

居酒屋AJITO in クパチーノ。

今回の投稿は名状しがたい僕が尊敬している先輩の話である。彼との出会いは今から12年前の2004年で一緒に働いた職場の先輩と後輩である。アメリカに来てから早いもので13年の年月が経った。アメリカに来た初めの頃は頼れる知り合いなどいるわけもな…

UCバークレーでの最初の学期が終了した。

ようやく試行錯誤しながら死中求活した秋学期が終了し、一安心である。Final Exam前はあまりにも精神的に張り詰めていた為、Final Exam後にはしばらく死人のようになっていた。今学期が初めてのバークレーという事もあり本当に艱難辛苦であった。ここに書い…

RRR Week!

12月2日に今学期すべての授業が終了した。いよいよDead Week(バークレーではRRR Weekと呼ぶ)に突入である。(RRR) WeekとはReading, Review, and Recitationの意味を示しており、もうすでにバークレー校内にある図書館は24時間Openになっている。今日から一…

備忘録(川崎宗則選手)

数日前の事、学校帰りのバスの中でプロ野球選手、川崎宗則氏の特集を見ていた時に強く共感したことについて書き残したい。特集の内容は、彼が所属しているシカゴ・カブスがワールドチャンピオンとなり、マイナー契約からメジャーへの昇格やチームメイトから…

ゴールデンゲートブリッジ( Golden Gate Bridge)

Final Exam前の束の間の休息ということでサンフランシスコにあるゴールデンゲートブリッジに家族と行ってきた。カリフォルニア在住13年、北カリフォルニアのベイエリアに来て四ヶ月が過ぎ、ようやく初のサンフランシスコ観光である。素晴らしい景色であった…

BIG GAME&BIG GIVE!!

明日はUCバークレー対スタンフォード大学のアメフトの試合がある。この二校は北カリフォルニアのベイエリアにあり、お互い強烈なライバル心を持っている。この対戦を「BIG GAME」と呼ぶ。偶数の年はUCバークレーのホームゲームで試合なので明日はバークレー…

アメリカ大統領選当日。

早朝に起きてスペイン文学の論文と社会学の課題を終わらしたかったのだが、未だに終えることが出来ず結局、大統領選の生中継をつけながら課題をする羽目になってしまった。いつも通り英語とスペイン語の両方で視聴。スペイン語チャンネル。我が家の公用語ス…

アメリカ大統領選前日。

いよいよ明日はアメリカ大統領選の投票日である。明日の授業は夕方前には終わるので、久しぶりに課題を横に置いて大統領選の生中継を見たいと思う。早朝、スペイン&ラテンアメリカ文学の授業に向かう途中。早朝のキャンパス内。朝のキャンパスを歩くのは本…

誇らしく思う事。

数日前に2017年度のU.S. News Education Best Global Universities Rankings が公表されUCバークレーは世界第4位にランキングされたとバークレー校内で話題を呼んだ。Berkeley NewsのWebsite。勿論、U.S. News Educationはアメリカの雑誌なのでアメリカ…

今の気持ちを備忘録として書き残したい。(バークレーでの初学期)

今学期が初めてのバークレーということで、今までとは次元の違うAcademic levelに嬉しさを感じながらも、もがき苦しんでいる。今の苦しみをここにしっかりと書き残しておきたい。今、論文を書いている真っ最中である。毎週末、課題に追わすぎてまったく落ち…

米大統領選第3回テレビ討論。

夕方の授業を終え、急いでバスに乗って帰宅。何とか間に合った。スペイン語チャンネルのTelemundo。途中で英語に変えてみた。今回の討論会の場所はネバタ州のラスベガスだったのですごく親近感が湧いた。バークレーではリベラル派の空気が非常に強いのでトラ…

ここバークレーで今、感じている事。

ここ最近、社会学の授業でバークレーの大学院生数名と出会う機会があった。彼らと接して感じたことを一言でいうと「何という人間の質の高さ」であろう。特に博士課程の人達の思考回路の豊かさには度肝を抜かれる。僕が大学院生になった時には彼ら並みの思考…

第一回米大統領選テレビ討論。

今日はヒラリー・クリントンとドナルド・トランプのテレビ討論を生放送で見たかったのだが、なんと夕方の授業と時間が重なってしまい観れなかった。非常に残念である。家に帰ってきた時にはすでに終わっていた。チャンネルはもちろん、スペイン語のTelemundo…

高橋岳選手、勝利!!

見事な2ラウンドKO勝ちである!!素晴らしい試合だったとの連絡があり、僕も嬉しかった!試合は大いに盛り上がった。相手の選手は立ち上がれず。高橋岳選手の勝利である。勝ってよかった!ワイルドカードジムのスタッフ達と。先週は中間テスト期間だった。テ…

バークレーから全力で応援しなければ!

明日は待ちに待った高橋岳選手の試合である。先ほど無事に計量をパスして体調はすごく良い状態だ。と連絡が入って一安心した。対戦相手は27勝3敗の強敵、デンマークの選手だ。カリフォルニア州の時間で夜10時から始まる。明日の夜はスペイン語の論文を書きな…