教授になる道のり in アメリカ

30代の中年のおっさん(日本の高卒)が人生最大の会心の一撃で2016年の4月に第一志望だったカリフォルニア大学バークレー校に合格!!カリフォルニア州のコミュニティ・カレッジで教授になるまでの日々や思考を綴ったブログ。

本の紹介

今回の投稿は一冊の本『すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く』を紹介したい。本の著者である鈴木氏との出会いはBerkeley Japanese Academic Network、通称(BJAN)というUC Berkeleyを拠点に研究活動を行う理工系研究者間の研究交流を促進する集まりである。先月、理系でもなければ研究者でもない僕を幹事の方が寛大な心で誘っていただき参加することになった。ここで幹事の方には厚く御礼申し上げたい。




今月のBJANの研究発表での内容は以下の通りである。BJANのホームページから一部抜粋して示したい。

 

 

【第30回交流会】

 2017年6月16日(金)18:00〜  於: UC Berkeley, Stanley Hall 221


研究発表:鈴木 紀之さん  
「適応と制約、宗教と科学:進化の何が問題か」(Department of Environmental Sciences, Policy, and Management, UC Berkeley, Postdoc)



彼の研究発表の中で「進化と宗教」の話が出た時には食い入るように聞きいってしまった。個人的には大当たりのテーマで、鈴木氏が研究発表を話している時、僕の頭の中にはラテンアメリカ文明の土台となっているカトリックと人種差別化による社会階層(クリオーリョ、メスティーソ、そしてムラート)、それと優生学(eugenics)との関係性の中に帝国主義の恐怖から未だに逃れられないアメリカ超資本主義経済の犠牲(奴隷)とは?や、そこに日本文明、神道と仏教の融合性を秘めた現代社会の中にGHQによる占領政策が結びつくものは何なのか?などと意味不明な妄想に浸っていた。



『すごい進化』/鈴木紀之インタビューはここをクリック。



BJANでの研究発表。鈴木氏



本の中身についてだが、理系のド素人である僕が下手に説明するより鈴木氏がとても分かりやすく説明していたのでそれをぜひ、引用したい。


"著書『すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く』が中公新書より発行されました!
「昆虫の生態を研究してます」というと、決まって「どうやって役に立つんですか」とか「新種を見つけたりするんですか」と聞かれるのですが、私の場合、研究の目的はそのどちらにも当てはまりません。それでは生き物の進化や生態について何が問題になっていて、研究者はどういうふうに解決していっているのか、私が進めてきた「テントウムシのエサ選び」や国内外の事例を取り上げつつ、分かりやすく説明しました。
専門的には、適応と制約、昆虫と植物の共進化、ジェネラリストとスペシャリストの共存、繁殖干渉、ハンディキャップ理論、性の維持、ベイツ型擬態、共生細菌などのトピックについて扱いました。
科学の啓蒙家ではなく、「啓蒙もする科学者」として、最先端の知見を臨場感とともに伝えようとしたつもりです。一般の方々にも専門家のみなさんにも響くものであればと願っております。"
アマゾンのページはこちらから:
https://www.amazon.co.jp/dp/4121024338






鈴木氏を筆頭にBJANで出会った研究達はこれからの日本を牽引していく日本の宝であり、彼らを見ていると「日本の未来は大丈夫だ!」と確信出来る。最後に彼の経歴を紹介して終えたいと思う。

 

Web中公新書の著者に聞くより引用。
鈴木紀之(すずき・のりゆき)
1984年神奈川県横浜市生まれ。2007年京都大学農学部資源生物科学科卒業、12年京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻博士課程修了(農学博士)。09年ウガンダのマケレレ大学に短期留学。日本学術振興会特別研究員(東北大学東北アジア研究センター)、宮城学院女子大学非常勤講師, 立正大学地球環境科学部環境システム学科助教などを経て、16年2月より、米カリフォルニア大学バークレー校環境科学政策マネジメント研究科に日本学術振興会海外特別研究員として在籍。専門は進化生態学、昆虫学。

報告

熱き大和魂を胸に秘めた関西男児(中年のおっさん)にメールを送ろう!

永遠の落ちこぼれにぜひ!激励のメッセージを。

hideyakurose落ちこぼれgmail.com
落ちこぼれを@に置換して下さい。

 
 
キャンパス内にある売店。
 

僕のロールモデル

少し前の話だが、YouTubeを見ていた時に林修氏が力説していた「学校教育の中で圧倒的に大事な教科は数学である。」にとても強く共感した。相手に理解してもらう伝え方で大切なことは使っている言葉ではなく言語化する前の情報処理の仕方と要素の組み立て方を数学的にすることによって自然と論理的に整理出来る事である。


物事を要素に分解し単純化して考えられる事が出来る数学論理と、概念で組み立て直す国語力。この二つが論理的思考能力を身につけるには必要不可欠である。特に数学を最重要視するべきであると僕は断言したい。


そして林氏が最後に言ったこの事は拳拳服膺しておきたい。


「数学が弱い人の話は情緒的で迫力で押し切ろうとする。これは整理して読んでいくと説得力がない。」


まさに圧巻の一言である。




初夏のUC Village



僕は文学を専攻してる人ほどこの数学論理を理解したほうが良いと考えている。特に現代数学の土台となっている集合論を筆頭に位相幾何学、一階述語論理や量子力学、そして相対性理論などを学んでおくと世界文学への理解能力が格段と上がるのは明白である。








"人間の知識の根源は、言葉にあります。それは、知識の保存や、維持という、すでにお話した場面よりも、より根源的な意味において、です。言葉を学ぶことによって、私たちは、どのような世界を「知る」のかが決まるのです。
知識の枠組みは、誕生後どのような言語を学ぶか、によって変わるわけですから、経験的な性格のものと言えることになります。しかも、一つの言語を自然な形で学んでしまうと、それは、あたかも先験的に与えられた知識の枠組みのように(つまり、ほかの選択肢は存在しないかのように)、私たちの知識の世界を支配し統御することにもなります。
言いかえれば、自らが育った自然言語が与える知識の枠組みを、相対化することは、大変難しい作業だということです。"

「あらためて学問のすすめ」より
村上陽一郎

大学院進学に対する危機感

最近思うことを備忘録としてここに書き残しておきたい。


単刀直入に言うと今の僕の知力や知識では「大学院での研究過程についていけないのではないかと」という危機感を持っている。

以下、何を学び吸収していかなければならないのかを今、僕が感じているありのままを簡潔に記したい。



1. 含意を読み取る力(特に論理含意)を歴史的解釈(文化的&文明的解釈も含む)と政治的分析を上手く論文上で活用出来る実力を身に付けること。

2. 合理的究明を行う過程で絶対に必要な演繹法と帰納法をもっと深く理解すること。

3. 英語とスペイン語で論文を書く上での技法で論理学の三段論法を実践躬行出来るようになること。但し、英語とスペイン語で書く論文なので推論の順序を間違えないようにすること。

4. 現代数学の基礎となっている集合論を比較文学&世界文学に繋げることが出来るのかという究明作業。

5. スペイン語と英語の読解力の向上。


6. 英単語を更に最低でも5000語は覚えること。(スペイン語は最低でも2000単語。)




夏学期のキャンパス内。




上述した6つの事が出来るようになれば大学院に進学してからも苦学力行していけると思うので、時間をかけて確実に習得したい。





社会学の授業が終えてからのセイザーゲート。




夏学期は多くの生徒がStudy AbroadやInternshipで授業を取っていないので、キャンパスは生徒がとても少ない。このゆったりとした雰囲気がとても心地良く感じている。

Twitter的なつぶやき(2017年夏学期に感じている事)1

先週からUCバークレーは夏学期が始まっており、この夏学期にはSOCIOLOGY 131AC Race and Ethnic Relations: U.S. American Cultures(社会学、人種と民族の関係。アメリカ文化)とSPANISH 135 Studies in Hispanic Literature(ラテンアメリカ文学の研究)のクラスを取っている。


最初の6週間は社会学なのだが既に課題の量と論文の難しさに軽く吐き気と目眩がしているのは紛れもない事実である。但し、ついこの間迄資本主義社会のごみ箱にいた僕は非常に挫折経験が豊かなので何度倒れても立ち上がるのは得意分野である。



Eshleman Hallの一階。



この社会学はテストがなく課題やFinal Examはすべて論文を提出するだけとなっており、精神的には少し楽であるので千射万箭していかなければならない。

先月の投稿に対しての追記。

先月の投稿で「ノーベル賞受賞者専用の駐車場」に追記したいことがあったので簡潔ではあるが以下の写真と共に述べてみたい。



出典 Wikipedia
大学所属別によるノーベル賞受賞者一覧のランキング



このランキングを見たらなぜバークレーにこのような駐車場が存在するのかは一目瞭然であろう。それにしてもあのスタンフォード大学よりランキングが上とはかなり意外であり嬉しくもあった。

2017年度UCバークレー卒業式

先週の土曜日にUCバークレーの卒業式(学部)が行われた。ヒスパニック言語学のFinal Examはグループでのプレゼンテーションだったのだが、グループメンバーの二人はこの卒業式に出席しており、非常に感慨深いものであった。


特にロサンゼルスシティカレッジから一緒に頑張ってきた仲間であるロシア人のオレッグには心から「卒業おめでとう!」と伝えた。彼との最初の出会いはSpanish 008 - Conversational Spanishのクラスであった。クラスが始まってから約二週間が経過した頃のとある朝、授業が始まる前にカレッジ内にあるカフェテリアで予習をしていた時に初めて話して以来ずっと連絡を取り合ってきた。彼が僕より一年先にUCバークレーに合格し、彼を追いかけるように去年、僕がUCバークレーに合格したのだ。


再会を此処バークレーの地で喜びあった事もつい昨日のことの様に思い出す。彼もGap yearで来年大学院に出願すると言っており、お互い同じ時期に出願するのでまだまだこれからも励まし合いながら共に頑張っていきたい。











資本主義社会のごみ箱から脱出して約一年近くが経とうとしている。未だにじられない環境の変化に戸惑いながらも優秀な人達に囲まれながら同じ学校で学べる喜びを味わえるとは数年前までは想像も出来なかった。更なる高い志のAmerican Dreamsを掴むため、大学院の第一志望校であるハーバード大学院の合格に向けてこの夏も刻苦勉励である。